塗り替え目安時期

見逃してませんか?塗り替えサイン

家族を、家を守るために、塗り替え時期を把握しましょう! 家族の暮らす大切なお家。そのお家の劣化は月日の経過と共に必ず訪れます。
お家を劣化から守るためには適切な時期に適切な塗り替えをすることがとっても大事。

一般的には10年前後が塗り替え時期の目安と言われていますが、この塗り替え時期はお客様の住まいの環境によっても変化します。
お家の資産価値を高めるためにも早めのメンテナンスを心がけてください。

理想的な塗り替え周期

外壁 8~10年
屋根 5~7年
木部・鉄部 3~5年
ウレタン系 7~9年
シリコン系 10~12年
フッ素系 13~15年

上記は理想的と言われる塗り替え周期ですが、あくまでも塗料メーカーの示す期待耐久年数です。
もともと施されている塗料の種類や、外壁の材料、さらには陽当りや風通しなどの立地条件によっても劣化の仕方に違いが出てくるため、「そろそろかも?」と感じた方はまずは早めに外壁診断を受け、お家の状況を把握しておくことが大切です。

見逃しちゃいけない!塗り替えサイン

ひとつでも当てはまるお家は、そろそろ塗り替えの時期かも?
早めに外壁診断を受けることをオススメします!

外壁

チョーキング

壁の表面を手でこすって、白い粉状になっているのが「チョーキング」と言われる白化現象です。

カビ・藻

日光があまり当たらない壁面・リシン壁・湿度の高い場所・植栽物の多い場所等に生じ易いです。

色あせ

紫外線を受けやすい場所から色あせが出てきます。

亀裂・ひび割れ

年月が経つと水分を失い、表面にひび割れを起こします。放置すると隙間から水分が浸透し、内部を劣化させてしまう可能性があります。

ヘアクラック

ヘアクラックとは、微細なひび割れの事で、クラックとはひび割れを指します。クラックの幅・深さ・長さ・向きによって補修方法を考える必要があります。

All container

剥がれ

下地処理が適切に行われていないと、表面塗膜がはがれてきます。

屋根

色あせ

屋根は紫外線や雨、風をまともに受けるのでもっとも傷みやすい部分です。

サビ

表面だけが錆びている場合は塗装で対処できますが、そのまま放置すると内部まで侵食し、塗装だけでは対処できない場合もあります。

カビ・藻

塗膜の劣化により防水性が失われ表面に汚れが付着しやすくなります。塗膜の防水性が無くなってくると雨水を吸収して苔が発生します。

木部

基材の腐食

木材の腐食は、湿気や腐朽菌によって生じます。

鉄部

サビ

サビを放置しておくと、やがて鉄の強度がなくなり崩壊してしまいます。

その他

シミの発生

雨の風による吹き込みや水漏れからの原因が考えられます。

これらの塗り替えサインを放置してしまうと思わぬトラブルに発展し、塗装だけでなく建物自体の修繕が必要になってくるケースも考えられます。大切な住まいの資産価値を高めるためも、早めのメンテナンスを心がけてくださいね!TOM創屋では塗り替え相談や調査を無料で行っておりますのでお気軽にお問い合わせください!

  • 何でも塗り替え相談Q&A

TOM創屋だけの品質があります!

0120-340-186

受付時間 9:00~19:00

ページトップへ