よくある質問

自宅を建てた会社から「10年経過したので塗装しなければいけない」と言われたのですが、すぐに塗り替えた方がよいのでしょうか?
塗り替えたほうが良いと言えます。
一般的に外壁の塗り替えサイクルは10~13年と言われています。
塗られている塗料のグレードや性質によっても違いますが、このくらいの期間で塗り替えると予算的にも経済的に建物を維持できるという考え方です。
そのため特別な破損部分や塗装の傷みがなければ、もう少し先でも良いという事です。
ただ、いずれにしても数年の間には塗装する必要が出てくるので後はいつ塗装をするのかという事だと思います。
今日訪問して来た営業マンにキャンペーン中なので本日中に契約したら20%値引きすると言われたのですがどうなんでしょうか?
「今日契約したら〇%引き」は、ほとんどの場合営業トークです。
次の日も別の家では同じことを言っている可能性があります。
そのため、あわてて契約をする必要はありません。
全てとは言いませんが私の経験上、良い業者は基本的に契約をせかしたりしません。 (よっぽど仕事が無ければ別ですが・・・)
ちなみに訪問営業の場合契約金額のおおよそ10%ぐらいは営業マンの給料になりますので、そのあたりも関係しているかもしれません。
余談ですが塗装営業会社で契約した場合、営業マンの給料が工事費用の約10%で下請けに仕事を出す場合のマージン(利益)が30~40%ですから実際の工事費は50%ぐらいになってしまいます。
もし契約金額が100万円だとすると実際の工事費は50万円ぐらいということです。
ですから価格の面から考えても塗装専門店にお任せした方がお値打ちになる可能性が高いと言えます。
自宅の家を塗り替えをする場合、建築したハウスメーカーと塗装専門店どちらが良いですか?
ちらにもメリット、デメリットがあるので一概にはいえません。
まず価格の面ですが、ハウスメーカーや工務店は自分のところで工事をするのではなく下請け(地元の塗装店)に仕事を出すことがほとんどです。
その際、何割かの利益を上乗せします。また営業マンを雇ったり広告や宣伝をすれば、その分の費用も上乗せされる事になるのでどうしても値段が高くなります。
しかし仕上がりやアフターフォローという意味では、大手ハウスメーカーの方が安心感があります。何か不具合がおこった場合でも対応が非常に速く責任をもって対応してくれる事が多いからです。
腕の良い職人がいて、良い仕事をする塗装専門店もたくさんありますが数も多く、どこを選んだら良いか分からないというのが実態なのではないでしょうか。
ですから値段が高くても安心を買いたいと思えばハウスメーカーなどを選び出来るだけ費用を抑えたいというなら良心的で責任感のある地元の塗装専門店に頼むのが良いかと思います。
溶剤系塗料と水性塗料はどちらの性能が良いのですか?
一般に溶剤系は金属や屋外向き、水性塗料はニオイがきつくないので屋内向きで耐久性は落ちるというイメージがあると思いますが、最近の 水性塗料は屋外はもちろんのこと金属にも塗れる物もあります。
また乾燥も同グレードの溶剤系塗料より早いものもあります。
ただ同じグレードの塗料で比較すると、確かに水性塗料は溶剤系ほどの性能は出ないことがあります。
ですから溶剤系・水性と単純に比較するのではなく、塗装の箇所や素材によって使い分けるのが良いと思いますし、オススメします。
光触媒の塗料は汚れないって本当ですか?
非常に性能の高い塗料であることは間違いないと思います。
外壁が汚れにくくなるのは確かですが、ただし汚れないというわけではないので注意が必要です。
光触媒塗料は太陽光を利用して汚れを分解しますが、1つは太陽光の当たりにくい場所の問題、また職人の技術が低く、塗り方が雑だったりすると十分な性能が引き出せないというデメリットもあります。
ですから値段が高い割にそれだけのメリットがあるのか?という意見があるのも事実で、実際にそういうクレームも近年出てきています。
あとはお客様の好みの問題になりますが、光触媒以外にも割安で性能の良い塗料はたくさんありますので、少なくとも光触媒でければいけないという事はありません。
こちらのページも併せてご覧ください。 塗り替え時期の目安は? どうして塗り替えが必要なの? どのように工事が進んでいくの?

TOM創屋は平成23年に 「名古屋  外壁塗装相談室」 というサイトを開設いたしました。
開業15年目の節目に外壁塗り替えをお考えの方のお役に立てればという想いで塗り替えお役立ちサイト「名古屋 外壁塗装相談室」を開設いたしました。こちらも是非ご覧ください。
名古屋 外壁塗装相談室のホームページはこちら >>

TOM創屋だけの品質があります!

0120-340-186

受付時間 9:00~19:00

ページトップへ